忍者ブログ

Chaos has come,,,This is World of Warcraft and Starcraft2 Blog Site.

2017 . 09
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール
    HN:
    Ryoosuke
    性別:
    男性
    自己紹介:
    Blackrock Horde
    Guild
    Hikage ninja gunをよろしくネ
    ブログ内検索
    最新CM
    [04/16 りょーすけ]
    [04/13 ani]
    [04/08 りょーすけ]
    [04/08 もうすぐログエが80hit]
    アクセス解析

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    War編つってもWar一筋の俺に死角は無かった

    Forge of Souls
    途中のcaster mobsがウザイ。
    とりあえずReflect、Charge、Intercept、Castストップ、stun各種ガンガン使う。
    kill orderはAdept>animeter>骨のやつ>鎌持った奴。
    ラスボス前のくそでかい幽霊はなんか痛いdebuffつけてくるので、よっぽど自信ない限り一匹づつ倒したほうが親切。

    ●First Boss
    Bronjahm <Godfather of Souls>
     ・Phase1
    BossがCorrupt Soulを使うとPlayerに赤色のビームが出て4secするとplayerから赤い玉が出る。
    これはBossにノロノロ近寄っていき接触すると大幅に回復されるのでDPSは赤玉を死ぬ気で倒す。
    Tankはbossをkiteしてあげると親切。そんだけ。
     ・Phase2
    HP30%切ると中央にTeleport。SoulStorm発動。
    Bossの近くに寄ってないと死ぬのでみんなでBossに近寄ること。
    時々Fearでランダムにplayerを飛ばすけどTankは飛ばされた人に何も出来んので放置。
    こうなるとTankはTank&Spankのみ。楽勝。

    ●Last boss
    Devourer of Souls
    Tac知らんと結構きちい。油断すると逝く。

    Mirrored of soulはDebuffついたPlayerにダメージ全部行くためDPSを止める。もちろんtankも攻撃を止めたほうがよい。
    Unleash of Soulsは大量の攻撃不能なaddを召喚。一匹一匹は弱いが大量にStackすると無視できない。やばいようなら出来るだけ避ける。
    Well of Soulsはtargetにjumpして着地点に継続AoEを発生させる。Melee DPSがいる場合、着地点に突っ込まないでAoEから離れるようにkiteしてあげると親切。
    最後にWalling of Souls。口から超強力ビ~ムが出るのでかならずBossの後ろに回りこむ。これで死ぬやつ多し。注意。


    疲れたからPoSとHoRはまた今度。

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    無題

    Devourerはどれが正面の顔なのかわかりづらくてWalling of Soulsを避けるのに苦労する・・・・って思ってる自分がnoobなだけなのだろうかlol

    もうすぐログエが80hit 2010/04/08(Thursday)16:37:56 Edit
    無題

    いや俺もよくわからんくてw
    あれ正面と後ろに2つ顔があるから真ん中というか横にいて、ビーム出たらケツ取って攻撃しとるますlol

    りょーすけ 2010/04/08(Thursday)19:37:27 Edit
    この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]